4Kって何?

4Kのって美味しいの?

はい♡ 美味しいです(*^^*)

ちょっと、冗談から入りました。

写真の場合は4Kという言い方をしませんが、Panasonicさんが4Kフォトというジャンルを作ってしまいました。

元々、4Kというのは、フルハイビジョンという動画の解像度の倍の長さを持っています。

難しいですか?(笑)

ちなみにフルハイビジョンは2Kって言われています。

解像度・・・って聞くと蕁麻疹が出てしまう方には、簡単にお伝えすると、

こまなくて綺麗な動画の映像が見れたら感動しちゃいますね!それです♡

電気屋さんに行くと、今、4Kテレビが安くなってきて売られています(2017年現在)

ちょっと前までは、ハイビジョンテレビでした。

面積で言うと、ハイビジョンの4倍ですよ~~鮮明に写ります。

ただ、一部でしか4K放送していないし、ブルーレイとかDVDとかでは4Kは無いので、一般的では無いんですね・・・

ところがです!!

写真の場合の4Kって、800万画素の事になります。

具体的に書くと、3840×2160ピクセルです!!

はい♡ 計算してください。掛け算です(笑)

おおよそ、800万画素でしょ!!

これだったら、A4プリントくらいだったらこなせる画素数なんです。

ちなみに、PanasonicさんのGH5は、6Kフォトで撮れるので、おおよそ1800万画素ですよ~十分でしょ(笑)

実は、このカメラを狙っています♪ すぐには買いませんがけどね♪

6Kより魅力的な画質面とか、動画力、機動力に惚れています♪

画像:Panasonic(http://news.panasonic.co.uk/)

という事で、写真の概念が変わっていっています。

動画から写真を抜き出すという発想にもなってきているのです。

ちなみに、1秒間に30枚ほど撮れる計算ですから、30連射をやっているのと同じですよ~!!

どうですか\(^o^)/

 

という事で、すごく革新的な技術がデジタルカメラによって出現してきました!!

ところがです・・・

わたしは、きっと、あまり使いません♪

何故かと言うと、高速シャッターで一瞬を切り取る撮影であれば、人間の動体予測速度を超える撮り方として有効だと思います。

1800万画素もあれば、A3プリントも楽くらですからね~♡

スポーツカメラマンとか、報道とかいいかもしれません!!

 

ただ、この理由があって、使う状況を限定すると思います。

それは・・・

●RAWで撮れない!

●1/30以下のシャッタースピードが使えない。

●画像が歪む(ローリングシャッター)

以上です♪

 

わたしにとっては、致命的だからです!!

RAWってご存知ですか? カメラセンサーからの生のデーターです。

写真データー(JPEG)とかじゃ無いんです。

それを使うと、微妙な色の調整とか劣化を極力少なく高画質に仕上げることが出来るんです。だから、すべてRAWで撮っています。

ファイル容量がデカイとか、パソコンで調整内とダメだとか、RAW現像って言って、そのパソコンの現像作業が大変だったり、・・・

撮ったRAWは、どのデバイスでも見る事が出来ないとか、色々ありますが、高画質には勝てません!!

それから、1/30のシャッターが切れないというのは、一秒間に30枚撮るシステムなので、1/30以上の長時間露光になってくると、一秒に30枚撮れないですよね・・・(笑)

もしかして撮れるのかもしれませんが、それだったら一枚づつ撮っても変わんない(汗)ですね(笑) Panasonicさん、教えてください(笑)

実は、わたしの場合は、低速シャッターが多いんです。

何故かと言うと、ザラザラな画面にならなくてダイナミックレンジの広い低感度(1SO100とか)を使うことと、絞りを絞り気味に撮ること、晴天での撮影が少ないこと、PLフィルターを使うので1~2段ほど暗なること・・・

結局、シャッター速度がかなり低くなります。

全部、”高画質”のための処理なんです!!

”リアリティー”を重要視するので、こうなっちゃうんです。

だから、4Kフォトの使い道が高速シャッター系、一瞬系しかない・・・

 

という事で、今のところは、

手ぶれ補正とか頑丈な三脚とかの方がありがたい技術なんですね!

 

ところがです!!

動画もやるようになってから、高画質を狙う設定にすると、低感度を犠牲にするしか無かったりもします。Log撮影も高感度を使いますね。。。多分(汗)

だから、明るいレンズだったり、高感度に強いカメラだったり・・・そちらが欲しくなるんです。

欲望がぁ~~ってなっています(笑)

そすると、お値段が・・・(汗)なので、機動力重視でカメラを揃えちゃう予定です(2017年3月現在)

 

まぁ~実は、OLYMPUSさんが、プロキャプチャーって言うんらしいですけど、写真の話になりますが、RAWが使えるそうで、こっちだと出来そうな気配(笑)

OLYMPUSさんは、強力な手ぶれ補正もあるので、欲しいところですけど(*^^*)

カメラコレクターでも無いので、あくまでも現場主義実践でのお話を書けたらいいなって思っています。

 

マニアックな機材の独り言みたいなお話に、お付き合い頂きまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

まずは、写真講座へのお問い合わせをしてみてください。
悩む時間はもったいないですね。

プロのフォトグラファーから、簡単な答えを聞くと楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

特に初心者大歓迎です。
聞いては失礼な内容は一切ございません。
プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA