Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/shizen/shizen.club/public_html/yoshio.sawaragi/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/shizen/shizen.club/public_html/yoshio.sawaragi/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/shizen/shizen.club/public_html/yoshio.sawaragi/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/shizen/shizen.club/public_html/yoshio.sawaragi/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/shizen/shizen.club/public_html/yoshio.sawaragi/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/shizen/shizen.club/public_html/yoshio.sawaragi/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

ボケ具合の調整・絞りの魔術のホントの話②

カメラテクニック!!

ボケの真髄

さて、ボケ具合の調整・絞りの魔術のホントの話①の記事は読まれましたでしょうか?

ここには、”ボケ”という写真特有の表現方法テクニックの話を書きました。

基本中の基本です。

ただ、理屈で分かるより、実践です。

絞りの設定、”絞り優先”というのを使って、どんな風に写るのか体験してみてください。

何よりも勉強になりますし、現場で、

こんな風に撮りたいな・・・と思った時に、頭のなかで作画の想像が出来るようになってきたら、

感で、レンズや絞りの設定をコントロール出来るようになります。

 

作画に活かしましょう

では、カメラ雑誌みたく、作例を撮ってみました!!

観葉植物の大きさが、ほぼ同じになるように撮影してあります。

50mmF1.8と、200mmF4.0(ズーム)を使いました。

被写体との距離は、

50mmレンズが約60cm。200mmレンズは約170cmくらいです。

もちろん望遠レンズを使うと、被写体との距離は遠くなります。

被写体から背景の庭木までは、約5mくらいです。

ちなみ、背景の大きさ違うのは、望遠レンズほど、背景を引き寄せるという特色です。

圧縮効果といいます。

 

<50mmレンズ>

 

<200mmレンズ>

 

50mmと、200mmのボケ具合が近いものを探してみてください。

50mmのF2.0と、200mmのF4.0は似ていませんか?

50mmのF16と、200mmのF32は似ていませんか?

 

レンズの魔力

ここで、”ボケ”で陥るのがレンズの魔力です。

写真が上手になりたいがゆえに、レンズに頼ります。

これも一つの方法です。

85mmのレンズが、よく、ポートレートレンズと言われる理由を書きます。

 

上記の記事で、被写体との距離によって、望遠レンズでも

背景を美しくぼかす事が出来ることが分かりましたね!!

何も、明るいレンズを買わなくても手持ちの望遠レンズでも、まだまだ使いますよね!!

ところがです・・・

望遠レンズほど、手ブレが起きやすくなります。

三脚を使ったとしても、ブレます。

ところが、被写体との距離が近くても、遠くても、それなり明るいレンズは”ボケ”を作ってくれます。

そうです!!そこに需要があるのです。

 

もう一つの重要な理由が、コミュニケーションのやりやすさです。

コミュニケーションと、距離のバランスが良いのが、35~85mm(フルサイズの場合)

ちなみに、APS-Cの場合は、24~55mmになります。

 

最近のF1.4クラスのレンズは、高性能をうたって、高価になってきました。

昔は、安くて高性能のレンズの代名詞でした。

ということで、最近は、F1.8~F2.0クラスが安くて狙い目です。

マクロレンズも非常に性能の良い、単焦点レンズだと思いますよ♪

 

是非!いろいろと試してみて下さいね♪

次回は、ボケ具合の風合い、味付けは、被写体の状況によって変化します。

それについて書きますね♪

カメラの設定だけでは、コントロールできない領域です。

 

ボケ具合の調整・絞りの魔術3

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました