ボケ具合の調整・絞りの魔術のホントの話②

ボケの真髄

さて、ボケ具合の調整・絞りの魔術のホントの話①の記事は読まれましたでしょうか?

ここには、”ボケ”という写真特有の表現方法テクニックの話を書きました。

基本中の基本です。

ただ、理屈で分かるより、実践です。

絞りの設定、”絞り優先”というのを使って、どんな風に写るのか体験してみてください。

何よりも勉強になりますし、現場で、

こんな風に撮りたいな・・・と思った時に、頭のなかで作画の想像が出来るようになってきたら、

感で、レンズや絞りの設定をコントロール出来るようになります。

 

作画に活かしましょう

では、カメラ雑誌みたく、作例を撮ってみました!!

観葉植物の大きさが、ほぼ同じになるように撮影してあります。

50mmF1.8と、200mmF4.0(ズーム)を使いました。

被写体との距離は、

50mmレンズが約60cm。200mmレンズは約170cmくらいです。

もちろん望遠レンズを使うと、被写体との距離は遠くなります。

被写体から背景の庭木までは、約5mくらいです。

ちなみ、背景の大きさ違うのは、望遠レンズほど、背景を引き寄せるという特色です。

圧縮効果といいます。

 

<50mmレンズ>

 

<200mmレンズ>

 

50mmと、200mmのボケ具合が近いものを探してみてください。

50mmのF2.0と、200mmのF4.0は似ていませんか?

50mmのF16と、200mmのF32は似ていませんか?

 

レンズの魔力

ここで、”ボケ”で陥るのがレンズの魔力です。

写真が上手になりたいがゆえに、レンズに頼ります。

これも一つの方法です。

85mmのレンズが、よく、ポートレートレンズと言われる理由を書きます。

 

上記の記事で、被写体との距離によって、望遠レンズでも

背景を美しくぼかす事が出来ることが分かりましたね!!

何も、明るいレンズを買わなくても手持ちの望遠レンズでも、まだまだ使いますよね!!

ところがです・・・

望遠レンズほど、手ブレが起きやすくなります。

三脚を使ったとしても、ブレます。

ところが、被写体との距離が近くても、遠くても、それなり明るいレンズは”ボケ”を作ってくれます。

そうです!!そこに需要があるのです。

 

もう一つの重要な理由が、コミュニケーションのやりやすさです。

コミュニケーションと、距離のバランスが良いのが、35~85mm(フルサイズの場合)

ちなみに、APS-Cの場合は、24~55mmになります。

 

最近のF1.4クラスのレンズは、高性能をうたって、高価になってきました。

昔は、安くて高性能のレンズの代名詞でした。

ということで、最近は、F1.8~F2.0クラスが安くて狙い目です。

マクロレンズも非常に性能の良い、単焦点レンズだと思いますよ♪

 

是非!いろいろと試してみて下さいね♪

次回は、ボケ具合の風合い、味付けは、被写体の状況によって変化します。

それについて書きますね♪

カメラの設定だけでは、コントロールできない領域です。

 

ボケ具合の調整・絞りの魔術3

 

スポンサーリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

写真を撮ることに、疑問やお悩みがあるようでしたらご利用いただけるシステムをご用意させていただいています。
悩む時間はもったいないですから、お気軽にお問い合わせください。

実は、とっても簡単な答でした~となることもあります。簡単という意識が増えると、どんどん楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

初心者の方も大歓迎です!というよりは、初心者の方に講座を受けていただけると、とっても嬉しいです。
さらにステップアップしたいという方は、一度、今まで撮ってみた写真を見せてくださっても結構ですから、慌てず次に進みましょう。

講師自身が、写真にのめり込んだ時は、とても下手でした。友達にカメラの使い方を教えてもらっていました。
とにかく、フィルムを買うお金が無い状態からのスタートでしたので、一枚一枚丁寧に撮影をして、仕上がりをよく観て、写真を選ぶことに手を抜かず、撮ってはテクニックを勉強することの繰り返しをしてきました。

今まで地道にやってきたこと、失敗から学んだことなど、リアルの写真教室で培ってきたノウハウを使います。

プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたしますから、人と比べながらとか、その他大勢に合わせて教わるということも避けることが出来ます。

とは言いつつ、プライベートレッスンが一番お得だと思います。理由は受けると分かります♪

シャッターを切った時の爽快感を感じられるようにお手伝いさせてください。

さわらぎよしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA