琵琶湖を語ってみました。

琵琶湖って

琵琶湖ってデカイです。以上です(笑)

そんな漠然として感覚だともったいないので、映像にしてみました。

すべてを語ると、ダラダラした動画になるので、ピンポイントで浅い情報です。浅いとは言っても、地元で体感している空気を含んでいるので適当ではありません。

また、語ってみるかもしれません。だって、カメラの前で話すのに慣れていませんからね。

 

琵琶湖を撮影してきて

琵琶湖の風景を20年ほど撮影し続けています。最初に撮影した時に比べると風景ってドンドン変化しています。

近年は、木々が台風で折れたりして、寂しい気持ちもあります。工事で湿地帯の形が変わったりした場所もあります。

本当に写真家としては今もそうですが未熟な状態から育ててもらった場所。新しい出会いがあれば撮影してしまいます。

季節や天候の変化を楽しみながら撮影出来るのが風景!光の色の変化も心躍らされます。水のある風景は、光の色が反射したり写ったりするので、シャッターチャンスが多くて撮りやすいですよ。

琵琶湖を初めて撮影した時は、まだポジフィルムでした。今のようなデジタルカメラではありません。

そんな時からの写真が残っています。

50年以上見続けていますが、実際に撮影した期間は、25年ほどです。

もちろん!カメラを持っている方が観察力が上がりますから、深く風景を見るようになります。

そんな事を、発信し無いのはもったいないと思って、カメラの前で語るのは恥ずかしいですが撮ってみました。

また、撮りますよ(*^^*)

良かったら観てください。

 

 

写真の作品を動画にしてみました。実は、音楽無しで、環境音のバージョンも作ってあります。良かったらそちらも御覧ください。チャンネル登録していただけると、更に嬉しいです(*^^*)

 

 

 

 

 

一眼レフで動画

動画を初めて本格的に撮影したのも琵琶湖です。EOS 5D MarkⅡで撮影したのですが、波に変な模様が入っていたり、FHDまでで解像度も低かったり、JPEGベースのMOVだったり、オートフォーカスはおもちゃレベルだったり、フルサイズで撮影出来るカメラとして脚光を浴びた時期もあるようですが、動画用には使い辛いものです。

そんな形で、現在は動画の高画質化にも力を入れだしていますが、元々写真の方は、RAWで撮影していて解像度も高くて見ごたえのある映像です。それを動画にするとういうのは個人的にはヒットでした。

タイムラプスという撮影方法がありますが、まさしく写真に特化したカメラだからこそ、高画質の動画に仕上げることが出来るテクニックです。そちらにも挑戦してみたいなって思います。8Kで。8Kって意味があると思っているのです。それは、印刷でも大型プリントですね!それが8Kくらいの解像度から本格化出来ます。それとモニターの解像度がクロスするということだからです。以前は、モニターの解像度の方が遥かに低かったからです。FHDで200万画素ですからね。当時からA3プリントには1200万画素は必要でしたらから。それが8Kになると4000万画素前後になるのです。印刷でいうとどれくらいになるのでしょうか?A2以上かと思います。それが大画面のモニター映し出す迫力っていいですよ!電気屋さんで感動したことがあります。有機パネル?かな?滅茶苦茶きれいでした!

ただ、今のところは、画質の安定している4Kを作り続けることがメインですが・・・その方が、8Kモニターが一般的になったとしても、色の質やトーンが良ければ解像感以外はありなのではないかと思っているのです。

編集するパソコンスペックなども含めて、8Kなどはハードルが高くなっています。アップル社が新しくMac Proを発表しましが、まさしく8K対応です。一般的なパソコンではありませんが。それが普通になる時代も来ることでしょう。

これから、5Gという高速通信が普通になってくると、動画も高解像度が普通になってきます。風景映像を発表する時代としてはいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

写真を撮ることに、疑問やお悩みがあるようでしたらご利用いただけるシステムをご用意させていただいています。
悩む時間はもったいないですから、お気軽にお問い合わせください。

実は、とっても簡単な答でした~となることもあります。簡単という意識が増えると、どんどん楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

初心者の方も大歓迎です!というよりは、初心者の方に講座を受けていただけると、とっても嬉しいです。
さらにステップアップしたいという方は、一度、今まで撮ってみた写真を見せてくださっても結構ですから、慌てず次に進みましょう。

講師自身が、写真にのめり込んだ時は、とても下手でした。友達にカメラの使い方を教えてもらっていました。
とにかく、フィルムを買うお金が無い状態からのスタートでしたので、一枚一枚丁寧に撮影をして、仕上がりをよく観て、写真を選ぶことに手を抜かず、撮ってはテクニックを勉強することの繰り返しをしてきました。

今まで地道にやってきたこと、失敗から学んだことなど、リアルの写真教室で培ってきたノウハウを使います。

プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたしますから、人と比べながらとか、その他大勢に合わせて教わるということも避けることが出来ます。

とは言いつつ、プライベートレッスンが一番お得だと思います。理由は受けると分かります♪

シャッターを切った時の爽快感を感じられるようにお手伝いさせてください。

さわらぎよしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA