ボケ具合の調整・絞りの魔術のホントの話①

写真の”ボケ”って何?

もしかして、待ち望んでましたでしょうか?

スマーフォンの方は、あまり馴染みがありませんが、一眼レフカメラを買うと、

どうしてもやってみたいテクニック”ボケ”です。

これは、写真や映像系特有ですね。

最近は、一眼レフカメラを使って動画を録る事が多くなってましたらので、動画の世界でも

”ボケ”というテクニックを使うようになってきました。

 

”ボケ”の代表的な映像ってこんな感じですね!

中心の桜の花の前後がボヤッとしています。

この部分が”ボケ”って言われているものです。

この”ボケ”の作り方です。

これは、よく言われるのが、

”明るいレンズを使って、絞りを開ける”です。

意味わかりますか?

F値ってあるのえすが、

F1.4~F2.0~F2.8~F4.0~F5.6~F8~F11~F16~F22~F32

 

こんな感じです。

この数字は、一区切りの数値なんです。

よく、一段絞りましょうって書いてある記事の意味は、

上記の数値を一つ増やしましょうって事です。

この数値の意味は、光の取り入れる量を数値化しているって感じです。

”絞り”なので、光の量を絞れば絞るほど数字が増えるって感じです。

なので、数字が多いほど、光を取り入れる量が少なくなります。

そしてお題の”ボケ”ですが、数値が小さくなれば、”ボケ”が増えます。

逆に、数値が増えれば”ボケ”が減り、ピントの合う幅が増えます。

これは、写真表現の基礎だと言われてきましたが、

ぱぱchan・心の写真講座では写真表現の基礎にはしてません。

 

”ボケ”を生み出すレンズ

”ボケ”を作りやすいレンズってあります。

それは、このF値の数値の始めの部分が、少ないレンズです。

ズームレンズでは、F2.8~F5.6辺りから始まる場合が多いですが、

単焦点レンズでは、F1.4~F2.0辺りから始めるレンズが多いです。

ということで、単焦点レンズ(ズームではありません)に秘密がありそうですね!!

それで、どの単焦点レンズがボケが美しいかなど、

カメラ雑誌で特集が組まれたりしていますね。

ここまでの、話が本や雑誌やインターネットで載っている話です。

 

実は、ボケには、さらに3要素が密接に関わっています。

ここからは、実践編です。

写真が上手くなるには実践の量になっています。

知識はあくまでも知識です。悪魔でもぉ~(←シャレです)

では、その3要素をリストにしました。

 

①レンズの焦点距離

これは、レンズが望遠であればあるほど、背景はボケやすいことです。

②被写体までの距離

これは、カメラから被写体までの距離が短い方が、背景がボケやすくなるんです。

③メインの被写体から、背景までの距離

これは、メインの被写体から、背景の被写体が遠くにあればあるほど、背景はボケるんです。

▲三つの総合条件▲ + 絞り設定 = ボケの量

という図式になります。

これは、スマートフォンでも同じです。

例えば、望遠に近い設定で、カメラと被写体の距離が短く、

被写体と背景の距離が遠くなれば、ボケの量が大きくなります。

ただ、一眼レフカメラのように大きくはボケません。

最近は、アプリの機能でボケを作ったり、

レンズを2個使って、意図的にボケが出来るようにしているスマートフォンも出ていますね!

 

では、更に知りたい方は、

ボケ具合の調整・絞りの魔術のホントの話②へお進み下さい。

 

 

スポンサーリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

写真を撮ることに、疑問やお悩みがあるようでしたらご利用いただけるシステムをご用意させていただいています。
悩む時間はもったいないですから、お気軽にお問い合わせください。

実は、とっても簡単な答でした~となることもあります。簡単という意識が増えると、どんどん楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

初心者の方も大歓迎です!というよりは、初心者の方に講座を受けていただけると、とっても嬉しいです。
さらにステップアップしたいという方は、一度、今まで撮ってみた写真を見せてくださっても結構ですから、慌てず次に進みましょう。

講師自身が、写真にのめり込んだ時は、とても下手でした。友達にカメラの使い方を教えてもらっていました。
とにかく、フィルムを買うお金が無い状態からのスタートでしたので、一枚一枚丁寧に撮影をして、仕上がりをよく観て、写真を選ぶことに手を抜かず、撮ってはテクニックを勉強することの繰り返しをしてきました。

今まで地道にやってきたこと、失敗から学んだことなど、リアルの写真教室で培ってきたノウハウを使います。

プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたしますから、人と比べながらとか、その他大勢に合わせて教わるということも避けることが出来ます。

とは言いつつ、プライベートレッスンが一番お得だと思います。理由は受けると分かります♪

シャッターを切った時の爽快感を感じられるようにお手伝いさせてください。

さわらぎよしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA