カメラテクニック!!

よくある質問(プリント編)

プリントの色について   よくある質問で、プリントの色について悩まれれているようです。 撮った時は、カメラの小さな液晶画面で写真を確認するんですね。 殆どの場合・・・ それで、その色とプリンターから出てきた色と違うということで、カメラの性能が悪いとか、パソコンの扱いが悪いからだとか、いろいろ理由を探して出して、でも、分からないから最終的に質問いただきます。   一体どうなってい […]

色と質感の表現

写真は触れない 写真って、2次元の世界に閉じ込める作業になってしまいます。 だから、紙に焼いたり、モニターに写せたり、とても便利な媒体です。 制作した絵画も、デジタル化してインターネットで表記したりすることも可能です。 食べ物も、美味しそうに撮れば、それでまた、情報として発信することが出来ます。 目に見えるものは、ほぼ、そういったことが可能になってくるでしょう!!   写真は、手触りや匂 […]

明るさの調整って、大切♡

とても大切な調整 今回は、明るさの調整について書かせていただきます。 これって、デジタルカメラになってから、かなりいい加減にとらえている方が多いですね。 扱いが雑なんです。 ほんまに、雑なん(笑)   ポジフィルムの時代は、ほんの少しの調整が命取りでした。 ま~命の話ほど重くはありせんけど、それほど、真剣だったんですね。   デジタルは後処理で、明るくしたり暗くしたり出来るから […]

PLフィルターの魔力

PLフィルーターって何? まずは、PLフィルターについて解説しますね。 そりゃ~最初は、びっくりしましたね! 反射が取れるというフィルターって知って、意味が良くわからず、 ガラスの反射が取れる写真が載っている記事とかで、へ~って思ってました。 ところがですよ・・・ 空の色は濃くなるし、葉っぱの色は鮮やかになるし・・・ 一体どうなってのかなって思ったんですわ! そしら、空は、空気中のチリの反射が取れ […]

ボケ具合の調整・絞りの魔術のホントの話③

ボケには、いろいいろあります。 ぼかす被写体によって、雰囲気が変わるんです。 もちろんメインの被写体との対比によっても印象が変わるんですけど、 重要な脇役(ボケ)にスポットを当ててみましょう!! ボケとは、ピントが合っていない部分を指します。 望遠レンズとか、接写を使うと得やすいですね。 逆に、すべてにピントが合っている写真というのは、 構造上で得やすくなる説明が出来ます。 それは、 スマートフォ […]

ボケ具合の調整・絞りの魔術のホントの話②

ボケの真髄 さて、ボケ具合の調整・絞りの魔術のホントの話①の記事は読まれましたでしょうか? ここには、”ボケ”という写真特有の表現方法テクニックの話を書きました。 基本中の基本です。 ただ、理屈で分かるより、実践です。 絞りの設定、”絞り優先”というのを使って、どんな風に写るのか体験してみてください。 何よりも勉強になりますし、現場で、 こんな風に撮りたいな・・・と思った時に、頭のなかで作画の想像 […]

ボケ具合の調整・絞りの魔術のホントの話①

写真の”ボケ”って何? もしかして、待ち望んでましたでしょうか? スマーフォンの方は、あまり馴染みがありませんが、一眼レフカメラを買うと、 どうしてもやってみたいテクニック”ボケ”です。 これは、写真や映像系特有ですね。 最近は、一眼レフカメラを使って動画を録る事が多くなってましたらので、動画の世界でも ”ボケ”というテクニックを使うようになってきました。   ”ボケ”の代表的な映像って […]

カメラのオート機能

初心者だって、上級者だって 使っちゃいな!! オート機能!!   何でかというと、被写体に集中するためです。 最初はこれでいいんだけど、オート機能も覚えないと行けないんです。 ただ、表記が分かりやすいから扱いは楽ですよ。   例えば、ポートレート、風景、スポーツなどなど・・・・ そんな表記だから楽ですよね♪   概ね失敗しなから、被写体に集中できます。

写真の楽しい基礎!!

これさえ理解したら!! さて! どうやったら、写真が上手になるのか・・・ 論点が違うと結果が違います。 あなたは、カメラ操作が分からないから、 写真が撮れないのでしょうか? メカが苦手だと・・・・ 撮る対象を一番に考えずに、失敗するのですよね!! 殆どが・・ ・被写体が見えてない。(目は2つ付いていますよね♪) ・被写体をどう捉えたら良いのか分からない。 ・被写体の良さが引き出せない。 ・光が見え […]