2017年 再出発(4)

 

新しいテーマの被写体

季節を追う撮影も、それはそれで素敵です。

でも、それは多くの人がやっていること。

違いを自分の中で感じているのならば、多くの人に合わせる必要はない!

そう思って、売れるはずもない被写体に向かう。

職業で写真をやっていて勇気のいる行動だと思った。

でも、その内なる声を無視しするのは、自分イジメ。

もうそろそろ、アーティストとして撮影してもいいんじゃないのってね♪

これから、いろいろな媒体で動画も使って配信していくのに、

大勢を対象にするのも疲れる。

わたしの人生だもの・・・

与えていただいているだけだけど、それでも与えてくださってる神様が、

笑顔でわたしを覗いてくれることを目指して・・・

 

スポンサーリンク

 

外に出かけると、何かしら影響を受けます。
感情にも出てくると思います。

撮影をしに風景に出会うと、その現場の素晴らしさを見付けるのです。

ただ、見付けるためには、”動機”が何なのかが、とても大切です。
ただ、綺麗な風景というのであれば、出会って”綺麗!!”って思えないと撮れません。

そうではなく、『テーマにしていることをに出会う』と決めているので、それに出会います。

それが、カメラという機材を持って出かける時の醍醐味ですね。

だって、目に見えるものしか映らないんだもん(*^^*)

写真は、ずっと続きで投稿している日本海です♪

 

スポンサーリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

写真を撮ることに、疑問やお悩みがあるようでしたらご利用いただけるシステムをご用意させていただいています。
悩む時間はもったいないですから、お気軽にお問い合わせください。

実は、とっても簡単な答でした~となることもあります。簡単という意識が増えると、どんどん楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

初心者の方も大歓迎です!というよりは、初心者の方に講座を受けていただけると、とっても嬉しいです。
さらにステップアップしたいという方は、一度、今まで撮ってみた写真を見せてくださっても結構ですから、慌てず次に進みましょう。

講師自身が、写真にのめり込んだ時は、とても下手でした。友達にカメラの使い方を教えてもらっていました。
とにかく、フィルムを買うお金が無い状態からのスタートでしたので、一枚一枚丁寧に撮影をして、仕上がりをよく観て、写真を選ぶことに手を抜かず、撮ってはテクニックを勉強することの繰り返しをしてきました。

今まで地道にやってきたこと、失敗から学んだことなど、リアルの写真教室で培ってきたノウハウを使います。

プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたしますから、人と比べながらとか、その他大勢に合わせて教わるということも避けることが出来ます。

また、大勢でバスに乗って撮影に出かけるという楽しみ型の講座も良いかもしれませんね。

シャッターを切った時の爽快感を感じられるようにお手伝いさせてください。

さわらぎよしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA