◆自己癒やしの撮影術(Self healing photography)

自己癒やしの撮影術の始まりです。

今まで、写真を教える事業のために、こちらのドメインを所得してインターネット配信をし始めましたが、どうやら本来の自分に戻った時にこれでいいのだろうか?というようになってしまいまして、間口を狭くして再活動いたしました。それが”自己癒やしの撮影術”です。

なぜ、このような風に変えてしまったかと言いますと、私が被写体にカメラを向けると、いろいろな発見をするようなって、それで、シャッターを切った瞬間癒やされてることに気がついたいのです。

ただ、シャッターを闇雲に切っていても”癒やし”は起こりませんので、それじゃ!写真の初心者の方からでも十分に伝えることが出来きて、写真の結果を気にせず楽しめ、しかも癒やしが起こるような写真が撮れる時は、必ずと行って良いほど結果にも繋がるので、それをメソッドとして伝えようと思ったのです。

それを伝えるのが私の役割なんだと。。。

 

シャッターを切った瞬間、あなたは癒やされます!

これが、私が確信している、撮影メソットです。そして、その段階までいく基礎もあります。

実は、2017年より、実際に担当している写真教室(滋賀県東近江市ライフロング)でも、それをやり始めました。結果、私がウキウキしてしまいますので、きっと成功するでしょう。

これをBlog形式でお届けます。もちろん、無料になりますからオンラインで楽しめますよね!!

それと、意味が分からない、通じない事も生じて来ると思いますが、それはご了承下さい。

多分・・・

多分、時間を作ることが出来れば、少人数で直接伝授したいと思います。その時は、有料になってしまうと思います。

現在やっている写真教室は、多人数なので、伝えるのが大変なんですね。マンツーマンくらいがベストだと思っているくらいですから・・・

スポンサーリンク

 

きっと人生が変わります。周りの景色が変わります。

私が体験しているかならのですが、この撮影メソッド・・・”さわらぎよしお式・癒やしの撮影メソッド”を覚えると、きっと周りの景色の捉え方が変わって、人生も変わっていくんじゃないかと思います。

なので、変化を望んでいるとか、現実は変わりませんが、捉え方が変わるので、美しい世界に心が移動していくのが楽しくなってしまうと思うのです。それをお伝えしますね!!

出来ればYouTubeとかも使ってみようと思います。

もしも、写真の機材のこととか、テクニック的なことであれば、「さわらぎよしおの写真機材で遊ぼう」に書きますから、読んでみてくださいね。

私と写真教室などで習っていただいた方には、「会員制・写真コミュニケーション広場」で、皆さんと作品を励ましあっていただくSNSを無料で用意していますので、ご利用ください。

よろしくお願いいたします。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

椹木喜雄のFacebookは、こちらお友達になってやってください。

・・・・・・・・オフィス・自然CLUB・運営サイト・・・・・・・・

自然(ありのまま)写真家:さわらぎよしおオフィシャルサイト

自然CLUB

●YouTubeチャンネル

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

スポンサーリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

写真を撮ることに、疑問やお悩みがあるようでしたらご利用いただけるシステムをご用意させていただいています。
悩む時間はもったいないですから、お気軽にお問い合わせください。

実は、とっても簡単な答でした~となることもあります。簡単という意識が増えると、どんどん楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

初心者の方も大歓迎です!というよりは、初心者の方に講座を受けていただけると、とっても嬉しいです。
さらにステップアップしたいという方は、一度、今まで撮ってみた写真を見せてくださっても結構ですから、慌てず次に進みましょう。

講師自身が、写真にのめり込んだ時は、とても下手でした。友達にカメラの使い方を教えてもらっていました。
とにかく、フィルムを買うお金が無い状態からのスタートでしたので、一枚一枚丁寧に撮影をして、仕上がりをよく観て、写真を選ぶことに手を抜かず、撮ってはテクニックを勉強することの繰り返しをしてきました。

今まで地道にやってきたこと、失敗から学んだことなど、リアルの写真教室で培ってきたノウハウを使います。

プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたしますから、人と比べながらとか、その他大勢に合わせて教わるということも避けることが出来ます。

また、大勢でバスに乗って撮影に出かけるという楽しみ型の講座も良いかもしれませんね。

シャッターを切った時の爽快感を感じられるようにお手伝いさせてください。

さわらぎよしお

◆自己癒やしの撮影術(Self healing photography)” に対して1件のコメントがあります。

  1. chise より:

    直接伝授、とっても受けたいです。

    私は子供の頃から、ただただ写真を撮るのが好きで、使い捨てカメラから始まり、最近まではスマホで、無我夢中で写真を、撮っていました。
    父からお古でもらったフィルムカメラにも手を出しましたが、使い勝手がよく分からず、すぐに写真がみれないこともあり、辞めてしまいました。
    そしてつい数ヶ月前にデジタルの一眼レフを購入しました。

    これまで接客業やらデザインやら医療系やら、自分がしたいことを模索していましたが最近やっと、写真が1番好きだということに気が付きΣ(゚Д゚♡)、思い切って購入しました。

    ただ、撮影はすごく楽しいのですが、まだ自分が思うようになかなか表現できないので、これから沢山撮ってコツを掴んでいきたいと思っていました。

    そしたら、今朝、母が「深夜に、さわらぎよしおさんっていう写真家さんのブログを発見して、あんた絶対興味あると思うけん見てみて!」と興奮気味に教えてくれ、見てみると、、、写真にも文章にも、とても魅力を感じました♡

    長々書きましたが、、さわらぎよしおさんの写真がとっても素敵で、お会いしたい!!と感じました☆!

    少人数勉強会など直接伝授される機会があれば、ぜひ参加したいです。
    フェイスブックも友達申請させて頂きました!m(__)m

    1. さわらぎよしお より:

      chise様へ

      勇気のある投稿ありがとうございました。

      目まぐるしい仕事状況で、サイトの中に残っているメッセージを読むことがありませんでした。
      お返事遅くなりまして、申し訳ありません。

      興味を持っていただきましてありがとうございます。

      現在、写真教室の講師もやらせていただいておりますが、滋賀県の東近江市です。
      お近くなら(県内)なら受けることが出来ると思います。

      現在、他の仕事が忙しすぎてなかなか講師業が出来ない状況です。

      chiseさんのご自宅が分かりませんので、ご要望があれば、
      このサイトの「お問い合わせ」より直接お申し込みください。

      少人数制の勉強会はやりたいのですが、今のところ予定が作れません。
      ボランティアでは出来ないので、集客などが必要ですからね。

      今は、指名していただいて、その場に行くことが多いです。
      それだと、当日だけの時間を作ればいいので。
      現状では、そのパターンが圧倒的に多いです。

      いろいろな思いがあると思います。
      叶うといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA