琵琶湖の命⑦

琵琶湖・西側

この琵琶湖の朝に、どれだけ癒され、気力を充電してきたか・・・

確かに、どこでも朝は素晴らしいパワーがあります。

わざわざ、早朝に太陽が登る前から出かけて、

1時間以上の移動と、数時間の撮影をするのか、最初は夢中で理由など考えたこともありません。

ただ、琵琶湖の西側に行くだけです。

琵琶湖の朝を撮り始めた頃の写真をお送りいたします。

すべて、当時のことですからフィルムになります。

35%e3%8e%9c1127

琵琶湖の朝

琵琶湖の朝

35%e3%8e%9c349

琵琶湖の朝

琵琶湖の朝

琵琶湖の朝

琵琶湖の朝

紫、ピンク、オレンジ、白、グレー

朝の光の色は様々です。

同じ表情は、一度たりともありません。

毎回違います。

だから、朝日の撮り方・・・と言われても

本当は教えることが出来ないのです。

毎回違うことを感じ、

それをどう表現するかに集中するのです。

スポンサーリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

写真を撮ることに、疑問やお悩みがあるようでしたらご利用いただけるシステムをご用意させていただいています。
悩む時間はもったいないですから、お気軽にお問い合わせください。

実は、とっても簡単な答でした~となることもあります。簡単という意識が増えると、どんどん楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

初心者の方も大歓迎です!というよりは、初心者の方に講座を受けていただけると、とっても嬉しいです。
さらにステップアップしたいという方は、一度、今まで撮ってみた写真を見せてくださっても結構ですから、慌てず次に進みましょう。

講師自身が、写真にのめり込んだ時は、とても下手でした。友達にカメラの使い方を教えてもらっていました。
とにかく、フィルムを買うお金が無い状態からのスタートでしたので、一枚一枚丁寧に撮影をして、仕上がりをよく観て、写真を選ぶことに手を抜かず、撮ってはテクニックを勉強することの繰り返しをしてきました。

今まで地道にやってきたこと、失敗から学んだことなど、リアルの写真教室で培ってきたノウハウを使います。

プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたしますから、人と比べながらとか、その他大勢に合わせて教わるということも避けることが出来ます。

とは言いつつ、プライベートレッスンが一番お得だと思います。理由は受けると分かります♪

シャッターを切った時の爽快感を感じられるようにお手伝いさせてください。

さわらぎよしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA