明るさの調整って、大切♡

とても大切な調整

今回は、明るさの調整について書かせていただきます。

これって、デジタルカメラになってから、かなりいい加減にとらえている方が多いですね。

扱いが雑なんです。

ほんまに、雑なん(笑)

 

ポジフィルムの時代は、ほんの少しの調整が命取りでした。

ま~命の話ほど重くはありせんけど、それほど、真剣だったんですね。

 

デジタルは後処理で、明るくしたり暗くしたり出来るから、それで良いような風潮がありますが、

画質が後調整で落ちることは気にされていないようですね。

僕がが職人肌だから、厳しく思っているだけかもしれませんが・・・(笑)

実は、明るさって、”色”の変化や、

後で全体を調整する時に、適当に撮ると限界が早く来ちゃんです。

それから、画面に滑らかさが無くなてきます。

一眼レフカメラで撮っているのに、スマート・フォン並みの画質って悲しくないですか???

ほんま悲しいわ~~

え~~映像がガサガサになってしもうた~(泣)って!

 

単調な画像ほど、シビアに調整♪

それから、単一の色で、滑らかなトーンのもとか、その微妙な色の違いを表現したりするのは、

撮った時の明るさの調整が鍵になってきます。

赤いバラの花びらとか、青空とか、単一の色の中にグラデーションがあるんですよ♪

こういうトマトみたいに、赤色に思えるのも、ちゃんとグラデーションが写ってなかったら、

球体に感じるように写らないんです。これって、明るさの調整とか光の当て方とかいろいろな要素が必要なんです。

このバラの花弁だって、データが飛んでいたら、こんな風に写りません。

擬似的に、赤を潰してみたのがこの画像▼

これが、明るさの調整が間違った画像に近い状態です。

 

明るさの明暗差が激しい場合も要注意♪

それから、画面の中で、一番暗いところから一番明るいところまでの範囲が、

飛び抜けちゃったら、どちらかを捨てないと写りきれません。

例えば上記の写真!太陽の部分が白く飛んでいます。

それと、人物は真っ黒です。

きれいな写真ですが、データーの上では、写っていない部分が多いですね♪

 

そいう場合は、本当に、明るさの調整ってシビアなんです。

明るさとピントは、本当に手を抜く人が多いです♪

そういう僕も失敗する(笑)

 

何ででしょうか?

 

それは、オート機能のお陰です。

カメラがやってくれるから、頼っているんです。

とても便利なんですけどね(笑)

でも、チェックは怠ってはいけません。

 

ピントは、液晶画面で、拡大して表示すれば確認出来ます。

 

明るさは、どうやって確認&調整するのでしょうか?

機種によってですが、「白トビ」「黒つぶれ」の警告表示をしてくれる設定がりますから、ONにしておきましょう♪

ただ、神経質に気にしても仕方ありません。

金属の光ったところなどは、いくら暗く撮っても白トビしたままの場合もありますからね♪

そういう時は、画面全体の雰囲気を優先して明るさを決めたほうがイイです。

 

それで、確認方法ですが、ヒストグラムというのがあります。

これを表示させてください。

カメラの機種によってこのヒストグラムを出す方法は違いますが、

スマート・フォンだと、撮影している時に、映す画像と一緒に表示されるアプリもありますね♪

 

それから、調整の方法ですが、プログラム設定でも構いません。

絞り優先AEとかでも大丈夫です。

”露出補正”という機能を使います。

+プラスにすれば、明るく調整されます。

-マイナスにすれば、暗く調整されます。

+-ゼロが、基準値です。

そして、1つのパターンを撮ったら、基準値に戻すようにクセを付けて下さい。

調整方法は、カメラによって違いますから、取扱説明書を読んでくださいね。

”露出補正”という項目をさがしてください。

 

ヒストグラムによる、画像のあれこれ

さて、こちらからは、画像を分析します。

ヒストグラムを使って・・・・

最初に、平均的な絵柄で、トーンの滑らかな画像です。

グフフはこちら→

中央部が盛り上がっています。

左端が暗いデータ容量、右端が明るいデータ容量、真ん中が中間の明るさのデータ容量です。

※こういう写真は、オートで撮影しても、明るさがちょうどよく撮れることが多いです。

 

どうやら、明るい方にデータが盛り上がっているようですね・・・

爽やか系のデーターです。

※こういう写真は、オートで撮ると、グレーっぽくなる(暗めに写る)確率が高いです。

明るく補正して撮って下さい。

 

どうやら暗い方にデータが偏っています。

これは、夕暮れ時の写真のイメージを象徴していますね。

※こういう写真は、オートで撮ると、炎が白く飛んでしまう場合が多く、全体も明る写ることが多いです。

マイナス補正して暗くして撮ってあげて下さい。その方が雰囲気が出ます。

 

この2つのグラフを当てて下さい。

e

 

背景が暗いのと明るいのとで、データの質を見分けることが出来ます。

答えは、背景が暗いほうが、グラフの左側のデータが盛り上がっているやつです。

逆は、背景が明るい写真は、グラフの右側のデータが盛り上がっています。

 

どうですか?

上級に進むほど、重々に気にしていただきたい部分です。

中級から意識してくださいね。

初級の方は、明る過ぎに撮ったか、暗過ぎに撮ったか、気を付けて下さい。

スポンサーリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

写真を撮ることに、疑問やお悩みがあるようでしたらご利用いただけるシステムをご用意させていただいています。
悩む時間はもったいないですから、お気軽にお問い合わせください。

実は、とっても簡単な答でした~となることもあります。簡単という意識が増えると、どんどん楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

初心者の方も大歓迎です!というよりは、初心者の方に講座を受けていただけると、とっても嬉しいです。
さらにステップアップしたいという方は、一度、今まで撮ってみた写真を見せてくださっても結構ですから、慌てず次に進みましょう。

講師自身が、写真にのめり込んだ時は、とても下手でした。友達にカメラの使い方を教えてもらっていました。
とにかく、フィルムを買うお金が無い状態からのスタートでしたので、一枚一枚丁寧に撮影をして、仕上がりをよく観て、写真を選ぶことに手を抜かず、撮ってはテクニックを勉強することの繰り返しをしてきました。

今まで地道にやってきたこと、失敗から学んだことなど、リアルの写真教室で培ってきたノウハウを使います。

プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたしますから、人と比べながらとか、その他大勢に合わせて教わるということも避けることが出来ます。

とは言いつつ、プライベートレッスンが一番お得だと思います。理由は受けると分かります♪

シャッターを切った時の爽快感を感じられるようにお手伝いさせてください。

さわらぎよしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA