マウントアダプター

レンズの有効活用

 

2019年になって、フルサイズのミラーレスカメラが出てきました。CANONさんやニコンさん、パナソニックさんまで!そこで、レンズのマウント変更が発生します。出費もかさみますし簡単にマウント替えは出来ません。それに、出たばかりの新しいマウントなので、レンズのラインナップがそろっていません。ソニーさんだけの領域です。なので、カメラの性能も含めてソニーさんが一歩抜き出ています。

そこで、他社の一眼レフカメラのレンズを流用するマウントアダプターが発売されています。どういう仕組かというと、フライジングバックの短いミラーレス(レンズの最後部から、センサーまでの距離)には、フライジングバックの長い一眼レフカメラのレンズが、マウントアダプターを使うと取り付けやすいのです。

ただ、簡単ではありません。例えばCANON語で情報が通じるEFレンズをソニー語の情報で動くソニーのカメラボディーで、読み込むには、CANON語をソニー語に翻訳出来るマウントアダプターを開発しなければならいからです。物理的に接続出来れば良いわけではありません。しかも多用なレンズがあり、それぞれ微妙に言語が違うこともありそうです。オートフォーカスや絞りや手ぶれ補正が動くかどうかは、その翻訳の誤訳が少ないことが必然です。少ないというよりも完璧を目指したいところです。

では、その翻訳は誰するのでしょうか?自分では出来ません。しかも、CANONさんが、その言語の文字を公表しているかと言えば???多分していません。だから、超~難しいはずです。

今は、電気接点がレンズとカメラボディーに付いていて、交信しあっています。機械的な繋がりだけだったら誤作動は少なく作れるんですけどね!なので、マウントアダプターを付けると、交信の間に翻訳が入っているので、動作が遅くなったりする可能性があります。非常に設計が難しいと予想されますので、動かないレンズがあっても文句言えません。

特に、レンズのサードパーティーメーカーさん(シグマさん、タムロンさん、トキナーさんなど)は、ホント!どうやってレンズをいろいろなメーカーのカメラに対応されているんでしょうね?!すごいですね!!

ということで、マウントアダプターも手持ちのレンズを有効活用出来ると、安価に写真ライフが送れるってことです。ゆっくり資金を貯めて、のちのち専用のマウントで楽しめばいいんじゃないかと思いますよ。それくらい現代のレンズは高性能ですから楽しみですね。デジタルカメラが出てきて、100%以上の表示を大きなモニターでするようになってから、あれこれレンズのアラを探しているような気がします。それよりも写真ライフを楽しんでいただくほうが良いかなって思います。マウントアダプターは、その楽しみの一つですし、仕事にも活用できるのです!!

 

マイクロフォーサーズのマウントアダプターを導入!

ということで、僕も、今使っているマイクロフォーサーズのマウントアダプターを導入いたしました。

EFレンズを複数持っているからです。フルサイズのレンズですからセンサーの小さいマイクロフォーサーズには余裕のレンズになります。

フルサイズ同士ではなくてごめんないです。

買ったものは、2種類。CmmliteというメーカーのEF→マイクロフォーサーズ用(レンズが入っていないタイプ)と、K&FというメーカーのFDレンズ→マイクロフォーサーズ用のものです。

金額的には、Cmmliteが2万円ほど、K&Fは2,500円ほど。レンズを買い足すよりはずっと安いです。では、性能面などをレポートしていきます。Amazonなどでも販売されています。

手持ちのレンズは、それほど多くはないので、この記事で役に立つ方は少ないかもしれません。それからレンズではなくてボディーによっても対応出来ない場合もありそうですから、気になる方はメーカーに問い合わせてみてはいかがでしょうか?個人では責任もって伝えることは不可能ですので。

まずは、結論を書いておきます。結構使えます!!AF動作が遅いとかありますが、全機能が動作しているようです。カメラはLUMIX G8と、Blackmagicの動画カメラです。Cmmliteの方は、GH-5と、G9 PROでは、AFの構造が違うので動かないかもしれいという情報はあります。でも、絞りが動けば写りますからね・・・オートフォーカスはマニュアルが出来るので。K&Fは、基本マニュアルだらけですから、全く問題なしです。

ということで、現状は快適に使えています。当たり前ですが、マウントの付替えは、ひと手間かかります。文句は言えません。

ただ、気になる部分が事があります。それは、ボディーとのかみ合わせです。ガタとも言います。前後のガタがあればピントが変化します。レンズが斜めになったりすると気持ち悪い写りになります。K&Fは、取り付けが少しコツがいりますが、ガタはほぼ無しです。Cmmliteは、回転方向にガタ多いです。画像が回転します。レンズ側にはガタはありませんが、ボティーとの間にガタがあります。G8とBlackmagicとでは、ガタの量が違うので、ボディー側にも問題あるかもしれません。

回転方向のガタですと、水平出しで問題が出ます。動画だと録画途中で微回転させることが可能です。三脚撮影が多いからか、意外と気にするほど問題は発生していません。手持ちの動画だと逆に目立ちません。電気接点が切れるほど回転はしていないので動作問題は出ていません。でも、構図を決める時に回ると困ってしまいますので、使っていて特には困っていませんが、気持ちは良くないですね。とは言いつつ、手持ちのレンズで望遠側の補強になっています。(マイクロフォーサーズなので、200mmのレンズも換算400mmとして使えます。)マクロ系もさらに拡大して撮影出来るということになりますので、満足しています。

ということで、YouTubeに動画をあげてみました。

 

<検証したレンズのリスト>

[Cmmlite]
  • EF17-40mm F4L
  • EF24-105mm F4L
  • EF70-200mm F4L
  • EF エクステンダー EXTENDER EF 1.4x
  • SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DG
  • SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
  • TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1 (272E)
[K&F]
  • FD50mm F1.4

風景がメインなので小三元で揃えています。古いレンズをずっと修理しながら使い続けているということですので、あまり役に立てなくですみません。プロだからって最新式ばかり使うわけではありません。どちらかというと撮影のための経費や光源の機材、保存HDDやパソコンに費用がかかります。

結果を書くとTAMRONだけ動きませんでした。SIGMAは絞りの動作音が大きくてビックリしました。Blackmagicはシャッター音が無いからでしょうね。

 

AF(オートフォーカス)

こちらは、可動します。動画も被写体にゆる~くですが、追従してくれます。ただ、やはり使えるかというとギリギリ。動きの早いものには全く追いつきません。写真で使う場合は挙動がオカシイ感じです。でもピントは合います。マニュアルフォーカスが使えるので現状は仕事で使えそうです。元々、EOS5DMarkⅡでも同じような感じなので、レンズの性能か、レンズが故障気味かもしれませんね。

手ぶれ補正

元々、2段分くらいの補正しか効かない古い手ぶれ補正機能がレンズに付いています。ボディーの電子手ぶれ補正はカットして試してみましたが、少しは効いてるかな?というくらいです。信用し過ぎはダメっぽい。

絞り

完璧です!!これが動かなかったら使い物になりません。

EIXF情報

写真だと反映されています。

 

最後に

現状のレンズを使う方は、マウントアダプターはオススメです。Cmmliteという会社の製品は製造精度は高くはないかもしれませんが、きっとそこそこ満足出来る商品を作っている感じがします。レンズが入ってて、一段明るくなって広角側にシフトするように設計しているものもありますが、レンズによって画面がケラレたりすることもあるらしく、今回は選んでいません。レンズ自体の性能もテレコンを挟んでいるのと同じなので画質低下もありそうですし、元々望遠側の補強だったので、必要はありませんでした。

機械的な構造のK&Fの方は、まずます、持っているレンズが50mmのみですけど、ほぼ全部が使えそうです。30年ほど前の製品ですからオールドレンズになりますね。開放のF1.4だと確実にオールドって感じです。開放の滲んだ描写がいい感じで使えそうです。蛍の撮影で使いましたが、蛍が光っている部分が滲んで綺麗に撮影出来ました。最初に買ったカメラに交換レンズとして中古で買ったものですが、今でも使えますね。FD24mmF1.4Lとか使ってみたいですが、これだと最初からマイクロフォーサーズの25mmレンズを買ったほうがいいですね。50mm専用(35mm換算100mmなんで中望遠)でも十分です。こちらのは、フルサイズのミラーレスを導入することがあったら、他のFDレンズも使えるなって感じています。何と言ってもマニュアルフォーカスのネットリした感触が動画にいいんです。

最近の超高性能で開放から超解像する単レンズは高価で大きくて重いです。触ったことがありますが巨大過ぎて引いてしまいました。描写力は高いので画質は大満足するとは思いますがね。風景はズームが便利なので、ズームレンズを持たないシステムを組む時以外は避けたくなりました。

最後の最後にですが、フルサイズのレンズは重い!!のとF4の小三元でも大きく重く感じます。それは、マイクロフォーサーズの手のひらサイズのレンズを触るともう駄目です(笑)あれは魔力です!!ということで、マイクロフォーサーズでレンズを揃えて行く方にします。資金が回せるようになったらね(笑)

本当の最後に(笑)マウントアダプターを使って撮影しが画像を掲載して終わります。LUMIX G8の1600万画素そのままです。画質も十分でした。(Lレンズよりも、マイクロフォーサーズのレンズの方が解像度高そうでしたが・・・)

いつも、読んでくださいましてありがとうございます。

こんな感じでゆるくカメラ機材を楽しんでいます。

 

 

スポンサーリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

写真を撮ることに、疑問やお悩みがあるようでしたらご利用いただけるシステムをご用意させていただいています。
悩む時間はもったいないですから、お気軽にお問い合わせください。

実は、とっても簡単な答でした~となることもあります。簡単という意識が増えると、どんどん楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

初心者の方も大歓迎です!というよりは、初心者の方に講座を受けていただけると、とっても嬉しいです。
さらにステップアップしたいという方は、一度、今まで撮ってみた写真を見せてくださっても結構ですから、慌てず次に進みましょう。

講師自身が、写真にのめり込んだ時は、とても下手でした。友達にカメラの使い方を教えてもらっていました。
とにかく、フィルムを買うお金が無い状態からのスタートでしたので、一枚一枚丁寧に撮影をして、仕上がりをよく観て、写真を選ぶことに手を抜かず、撮ってはテクニックを勉強することの繰り返しをしてきました。

今まで地道にやってきたこと、失敗から学んだことなど、リアルの写真教室で培ってきたノウハウを使います。

プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたしますから、人と比べながらとか、その他大勢に合わせて教わるということも避けることが出来ます。

とは言いつつ、プライベートレッスンが一番お得だと思います。理由は受けると分かります♪

シャッターを切った時の爽快感を感じられるようにお手伝いさせてください。

さわらぎよしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA