春が過ぎて・・・

石ころの旅はつづく

日本海の石ころの旅を撮ったりして、作家として再出発をした。

その気持は一時的なものなのか検証してみた。

桜の季節は、膨大な作業に入ったので、作品が撮れなかったが、

新しいカメラを手に入れて、また、撮りだした。

落ち着く・・・

間違いない・・・

 

石と水に興味がある。

綺麗な水のある所には、必ず石(岩)がある。

削られて丸くなる。

削られて、それはミネラルという栄養素になる。

生命の源である。

植物は、根から。

動物は、植物から、そのミネラルを吸収する。

だから、ただの石ころではない。

物事の認識が出来るのも、脳にミネラルが使われた時。

私の創作活動にも欠かせないものだ。

ただ、キラキラしているものだけが価値があるわけではない。

パワーストーンに価値があるわけでもない。

それを撮るのだ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

田植えの季節・・・

緑も落ち着くが、はやり”石ころ”に気持ちが行く・・・

 

つづく・・・

スポンサーリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

写真を撮ることに、疑問やお悩みがあるようでしたらご利用いただけるシステムをご用意させていただいています。
悩む時間はもったいないですから、お気軽にお問い合わせください。

実は、とっても簡単な答でした~となることもあります。簡単という意識が増えると、どんどん楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

初心者の方も大歓迎です!というよりは、初心者の方に講座を受けていただけると、とっても嬉しいです。
さらにステップアップしたいという方は、一度、今まで撮ってみた写真を見せてくださっても結構ですから、慌てず次に進みましょう。

講師自身が、写真にのめり込んだ時は、とても下手でした。友達にカメラの使い方を教えてもらっていました。
とにかく、フィルムを買うお金が無い状態からのスタートでしたので、一枚一枚丁寧に撮影をして、仕上がりをよく観て、写真を選ぶことに手を抜かず、撮ってはテクニックを勉強することの繰り返しをしてきました。

今まで地道にやってきたこと、失敗から学んだことなど、リアルの写真教室で培ってきたノウハウを使います。

プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたしますから、人と比べながらとか、その他大勢に合わせて教わるということも避けることが出来ます。

また、大勢でバスに乗って撮影に出かけるという楽しみ型の講座も良いかもしれませんね。

シャッターを切った時の爽快感を感じられるようにお手伝いさせてください。

さわらぎよしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA