写真の楽しい基礎!!

カメラテクニック!!

これさえ理解したら!!

さて!
どうやったら、写真が上手になるのか・・・
論点が違うと結果が違います。
あなたは、カメラ操作が分からないから、
写真が撮れないのでしょうか?
メカが苦手だと・・・・


撮る対象を一番に考えずに、失敗するのですよね!!
殆どが・・


・被写体が見えてない。(目は2つ付いていますよね♪)
・被写体をどう捉えたら良いのか分からない。
・被写体の良さが引き出せない。
・光が見えてない。(明るい暗いだけじゃ無いのです)


こんな感じです。
カメラの操作は、ご一部です。


カメラは無くても、写真は作れるのです!!

(カメラは記録機械ですので、カメラなしでは記録が残らないだけです。)


ココがわかれば、写真が面白くなてきますよ\(^o^)/

カメラ無しで、こうやって写真をします♪

四角いフレームを指で作って、どう切り取るかを楽しみます。

これで、カメラの操作からは、逃れることが出来ます。

ただし、写真は残りません。。。。

 

シャッターを押した時の感動

 

初めてカメラを持った時、

初めてシャッターを切った時、

意味の分からない充実感を感じたことはありませんか?

 

今ですら、デジタルカメラが普及していますので、

撮ったらすぐに、画像を確認出来ます。

 

ところが、フィルムカメラはそれが出来ません。

ポラロイドど使えば良いのですが、一般的ではありませんね。

 

ところがです・・・

フィルムを現像して数日間のブランクが有る状態でも、

撮った瞬間に、成功した失敗した。

こんな写真が撮れた、上手く行かなかったが、分かるのです!!

これって・・・プロの領域なんですね。

だって、納品する写真が撮れていないと仕事になりませんからね!

 

でも、今は、その領域が崩れてしまいました。

とても良い時代です。

だから、手抜きする人をよく見かけます。

デジタルだから大丈夫だと思って、たくさん撮るんですね!!

フィルムの時は撮った分の費用が増えますから、慎重だったのに・・・・

 

余談でしたが・・・

初めて撮った時の感動はね!

あの四角い、長方形の枠の中に、世界を投影したんです。

もう!あなたは、クリエイターなんですよ!!

 

カメラは、スマホでも何でも良いんです!!

撮る時の感動を体験してから、絞りとかシャッタースピードとか

カメラの操作方法を覚えてくださることをオススメします。

 

一番大切な事!!

上記のリストをもう一度書きます。

読んで下さいね♪

 

・被写体が見えてない。(目は2つ付いていますよね♪)
・被写体をどう捉えたら良いのか分からない。
・被写体の良さが引き出せない。
・光が見えてない。(明るい暗いだけじゃ無いのです)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました