自然風景を撮る醍醐味

上級者のあなたへ(カメラと写真)

自然風景って、生き物なの!

 

概念を壊す話をしますね!!

当たり前なんだけど、カメラを持つと意識しない話です 。

風景の特徴ってね・・・

被写体が遠くへ逃げる!!って事!!

意味分からないでしょ!

被写体が逃げるっていうのは、引き寄せの反対です!

私は、自然写真を撮るんだけど、
風景が自分に向かってくるって感覚があるんです。

この感覚って、教えにくいんですが、講座でね!伝えますね!!

言葉で書いたら、思っていた風景が目の前にやって来るって感じです。

だから、風景は待ってたらダメなんです。
動くから ・・・

ほとんどの人が、風景は止まって見えますよね!

じっと待って撮っている人見たら信じられないんですよ♪

私には、猛スピードで動いているように見えるんです。

分かっている方もおられますけどね!!

多く人が、撮影ポイントに行って、じっとしていますよね!

僕は、追っかけるので、いつも汗だくです。

車で追いかけてもダメなときもあるんですよ。

この感覚が分かるには、どうすればいいかというと・・・
オレは、世界一の写真家だ~って思ったらイイです!!

セルフイメージが高いですからね !!

ホントですから、やってみてくださいね♪

 

だったらどうする?

じゃあ!

動いている被写体をどうやって捉えるか?

だったらどうしましょう???

見え方、角度、光、風、温度、などなど・・・

どんどん刻々と変化します。

じっとしててくれたら、シャッターチャンスというのか、

どの角度でどのように撮ろうかって決めやすいですが、

風景とかスナップ写真もそうなんですが、

撮りたい瞬間にもう遅いの・・・

だったらどうするかっていうと、

予測して、自分が動くんです。

直感で、どう動けば良いのか決めるんです。

最初からいきなり難しい文章書いていますけど、

最終目的みたいなものを最初に書いておかないとね!!

それから、本も書きますからね。

ご期待下さい!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました