写真を撮るのに必要な道具は、私の場合は何ですか?

質問コーナー

写真をこれからやっていきたいのだけど・・・という方からご質問をいただきました。

 

∴‥∵‥∴ご質問内容‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

”写真を撮るのに必要な道具は、私の場合は何ですか?”

というご質問です!!

(希望内容)

撮る内容は、子供の運動会や、音楽会などの記録。

旅行先での、風景や記念撮影。

スマート・フォンよりも綺麗に撮りたい・・・

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵

 

こんな感じの内容です。

では、答えさせていただこうと思います。

他にも、良い回答があるかもしれませんが、

出来るだけ満足していただく解答だと嬉しいなぁ~~!

では!

デジタル写真で、よく使う道具のリストです。

 

・カメラ

・レンズ(交換式の場合)

・三脚(ブレ防止が発生するなら)

・予備バッテリー

・記録メディア(SDカードなど)

・ストロボ

・レンズクリーナー&ブロアー(掃除セット)

・カメラバック

・レンズフィルター

・液晶保護フィルター

・パソコン関係

・カードリーダー

・保存用のハードディスクなど

 

とりあえず、こんな感じです。

カメラを購入すれば、すぐに撮れるという分けではありません。

記録メディアなど最低限に別購入が必要です。

 

要望に合わせて具体的に書きますね。

 

まずは、旅先にも持っていかれるのと、スートフォンよりも綺麗に撮りたい・・・

大きめのカメラだと厳しいけど、スマート・フォンより綺麗にれるとなると、

そこそこのサイズは覚悟していただきたいところです。

コンパクトカメラは、画質期にはスマート・フォンに近いです。

(高級コンパクトカメラは、画質がいいです。)

 

運動会の時だけは、望遠レンズが必要ですが、旅行の時に持っていかなくてもいいので、

そういう事を考えると、レンズ交換式の方がいいですね。

予算は、10万円~20万円くらいまでの間で、

考えてくださると良いなということで、全部書いておきます。

もちろん!さらに高額なカメラの方がいいですよ♪

 

それで、問題のカメラ選びです。

サイズからして、ミラーレスカメラをオススメしたいと思います。

小型ですし、レンズも交換出来ます。

電子ファインダーで、暗いところでも良く見えますから、音楽会も撮りやすいでしょう!

(液晶画面で撮る時は、周りに迷惑かけるほど明るくしないでくださいね。)

小型な分、旅行先で荷物が小さくなります。

通常のレンズ(標準ズーム)と、運動会用の望遠レンズ2本で行きましょう!

ミラーレスの場合は、レンズも下記の写真のような大きいもので無い場合が多いです。

 

ちなみに、レンズの焦点距離ですが、

APS-Cの場合で、標準ズームが、18-70mmでしょうか・・・・

望遠で、300mm表記もあれば十分だと思います。

microフォーサーズで、標準ズームが、12-50mm前後でしょうか・・・・

望遠で、200mmもあれば十分だと思います。

(※カメラ規格については、下記に少し書いてあります。)

 

予備バッテリー

もしも、運動会などで、ビデオ撮影されるのでしたら、

予備のバッテリーがあるといいですね。 長旅の場合も便利です。

どれだけ、撮影するかによって、変わってきますが、

動画を撮られる場合は、結構消耗します。

それと、電子ファインダーも消費電力が多いです。

ミラーレスの場合は、液晶画面などを見ながら撮影するのと、コンパクトなので、

バッテリーが小さく、一眼レフよりも半分以下の枚数しか撮れない事が多いです。

旅先で充電が出来るのなら良いのですが、予備バッテリーがある方が、いざという時に重宝します。

 

記録メディア

記録メディアですが、初心者の方は、撮る枚数が少ないので、

余裕をもって、16GBもあれば十分でしょうね!(JPEG撮影の場合)

動画多いとか、予算があれば、32~64GBとかでもかまいません。

出来れば、高速タイプが便利ですが、カメラが対応していないのもあります。

ちなみに、SDカードは種類がたくさんありまして、

規格が3つあります。 サイズでも3つあります。

デジタルカメラで多いサイズが、普通の一番大きいSDカードです。

真ん中がminiSDカード

一番小さいのがスマート・フォンなどでも使われる、microSDカードです。

規格は、扱える容量が違います。

それと、概ねデータースピードは、SDが一番遅くSDXCが一番速いです。

 

●SD(最大2GB) FAT32フォーマット (古いカメラに採用している場合は、これしか使えません)

●SDHC(4~32GB) FAT32フォーマット (class1→3→10)というように、スピードによって表記数値が変わります。

●SDXC(~2TBまで) exFATフォーマット (新しい規格なので、使えるかどうかご確認を)

 

ややこしいでしょ(^_^;)

フォーマットは、カメラ側でやってくださいね。

 

三脚

それとビデオを録られるようでしたら、三脚もあったらいいですね♪

今回の場合は、三脚を使われないと思いますが・・・

音楽会で、三脚使用可能で、体育館などの暗い場所だから、購入されると確実です。

 

補足・手ぶれ補正

手ブレ機能が高性能の場合は、三脚を使わなくてもって思えるくらいの機種もあります。

ちなみに、手ぶれ補正がカメラ側にあるもの、レンズ側にあるもの両方のものがあります。

全く無い場合もありますから、購入の時にチェックしてくださいね。

 

フラシュ・カメラバック・液晶保護フィルター

フラッシュは、とりあえず、本体に付いているカメラを探しましょう!

カメラバックについては、クッション性のある物が良いですね。

これは、カメラ大きさや、収納量、ファッションなどなど、いろいろありますから、

使ってみてから、また、買い直すくらいで構えていて下さい。

その他、フィルターとか、いろいろ書いていますが、こまい階部分は後で十分です。

後は、液晶画面の保護フィルムとかあると、ガラスが割れることも減りますね。

ちなみに、スマート・フォンで液晶画面が割れているのを見かけますが、あれほど事は起きないと思います。

 

レンズクリーナー&ブロアー

結構大切です! カメラのお手入れ!!

レンズクリーナー&ブロアーを用意して下さい。

カメラ専用で、安すぎないものを買って下さい。

カメラを傷めるものだと逆効果ですから♪

お手入れの方法は、実は、ちょっとコツが必要です。

また、動画とかで見せられたらな~って思います。

 

 

このお手入れを怠ると、撮った写真が汚れてたり、

ゴミが付いていたりします。

ハンコのように、全部同じところが汚れて写りますから気を付けて下さいね♪

スマート・フォンのレンズにも使えますよ♪

 

※ちなみに、センサーの清掃は、あまり個人ではお薦めしません。

メーカーさんに送って(有料だと思います)、メンテナンスしていただい方がベストです。

 

パソコン・外付けハードディスク・カードリーダー

パソコン関係については、ハードに使われないとのことですから、

現存のノートパソコンで様子を見ましょう♪

たくさん撮れられるようでしたら、外付けのハードディスクなどを追加購入しましょう。

カードリーダーは、SDカードのような記録メディアをパソコンにデーター転送するためのアイテムです。

概ねSDカードだと思うので、ノートパソコンに挿せるものだったら、今回は購入をしないで様子をみましょう。

もしも、高速なデータの転送をしたい場合は、USB3.0のカードリーダーと高速のSDカードを使いましょう。

 

具体的にカメラの機種は?

はい!

これに関しては、アフィリエイトサイトだったら、広告を貼り付ければいいんですけど(笑)

その予定は、まだ後らしいので、カメラの名前とかはメーカー名は、

直接ご本人さんに、お答えさせていただきました。

だって、特定のメーカーさんとのタイアップはしませんので・・・・・・(笑)

 

取り敢えず書ける内容からしてお伝えしますと、ミラーレスカメラっていうのは、

一眼レフカメラから、内臓のミラーとアナログのファインダーを省いた形になります。

その分、カメラの厚みが薄くなります。

それと、レンズ(特に広角レンズ)が小さくしやすくなります。

最近(2016年現在)は、ミラーレスでも、オートフォーカスのスピードが上がってきていますが、

そちらに関してと、速射性、カメラの反応の速さは、一眼レフカメラの方がキビキビしています。

ミラーレスだと、シャッターを切った後に、ファインダーがブラックアウトしたり、いろいろな動作で遅く感じる機種があります。

それと、構造上、電源を入れないと、ファインダーを覗けません。

一眼レフカメラは、電池がなくても、ファインダーを覗けますし、マニュアルですがピントも合わせられます。

売っているメーカーは、OLYMPUSさんと、Panasonicさんが、

マイクロフォーサーズの小型カメラとして売られています。

レンズも小さいものが多くて、望遠レンズも全長が短くて、持ち歩きが楽です。

他に、SONYさんがあります。SONYさんは、2タイプのサイズを作っていて、本格的です!

それから、FUJIFILMさんがあります。元々フィルムメーカーという強みを活かした、色作りのカメラを作っておられます。

そして、特殊で使える人が使うと面白いのが、SIGMAさんですね。

一眼レフのシェアのナンバーワンツーである、Canonとニコンにも、ミラーレスはありますが、

一眼レフのサブカメラ的なCanonと、さらに小型狙いのニコンという感じです。

(2016年11月現在)

 

この中に、運動会など動きの早いのに対応出来そうなミラーレスを作っている会社があります。

それは、SONYさん、なんですけど・・・あっ!言っちゃった(^_^;)

APS-Cというセンサーサイズの中にその機種があります。

それと、最新のOLYMPUSさんも・・・あっ!言っちゃった(^_^;)

両方共に高価ですけど、SONYさんに型落ちだと安い目のがありました。

これ以上は書きません。直接ご質問くださいね♡

 

後は、デザインとか、使い心地とか、いろいろな要素がありますからね♪

カワイイのを買ってみるのも良いかもしれません。

ちなみに、プロは、RAW現像ソフトの生産性と性能や、

プロ登録など、カメラ以外の面でも考えているそうです。

 

購入先選び

一番伝え辛いのは、購入先です。

実際にぶっちゃけた話を書きますね。

 

<お店で>

お店は、売りたいカメラを売ります。在庫のあるカメラなどですね。

だから、何見知らずに、型落ちの在庫が多い安いカメラを勧められる場合があって、

後から、最新機種でないことで損したと相談されたことがあります。

ただ、お客さんの要望をしっかりと聞いてくださって、

アフターをしてくださるのだったら、そのお店がいいですね!!

僕も、カメラ屋さんの店長さんと仲良くしているんですけど、

いろいろと教えてくださるし、ご本人さんもカメラ好きだから、楽しいです♪

料金的には、インターネットで買うよりも少し高いですが、

プリントを頼んだり、お付き合いが長くなると、やっぱり顔が見える人同士がいいですね♪

 

<インターネットで>

自分で、すべて対応出来るという方は、インターネットで安く買う方法があります。

ただ、カメラの故障による対処とか、修理、センサーの掃除などによる、

メーカーにカメラを送るなどの手配は、インターネット店によって、まちまちですから、

そこも考えたほうがいいですね♪

 

<メーカーのオンラインショップで>

最後に、直接メーカーサイトから買う方法です。

メーカーによっては、お店を通さないで直接買えるようにしているところもあります。

料金は、安くはありませんが、保証など手厚い対応とかキャンペーン対応とか

いろいろあるみたいです。

殆どやっておられるかなって思います。

「メーカー名 オンラインショップ」で検索をされたら出てくると思いますよ~♪

 

その他、カメラメーカー主催のサービスがありますから、それを受けるために

カメラメーカーを決めるという方法もありですね♪

但し、メーカーのしばりがある内容になります。

 

<最後に>

買ったけど、使い方がよく分からないという場合は、

メーカー直接の講座を受けられるか、

思ったように撮りたいという場合は、

こちらの、ぱぱchan・心の写真講座を受けていただければ良いかと思います♪

あ~~宣伝しちゃった(^_^;)

 

スポンサーリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

写真を撮ることに、疑問やお悩みがあるようでしたらご利用いただけるシステムをご用意させていただいています。
悩む時間はもったいないですから、お気軽にお問い合わせください。

実は、とっても簡単な答でした~となることもあります。簡単という意識が増えると、どんどん楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

初心者の方も大歓迎です!というよりは、初心者の方に講座を受けていただけると、とっても嬉しいです。
さらにステップアップしたいという方は、一度、今まで撮ってみた写真を見せてくださっても結構ですから、慌てず次に進みましょう。

講師自身が、写真にのめり込んだ時は、とても下手でした。友達にカメラの使い方を教えてもらっていました。
とにかく、フィルムを買うお金が無い状態からのスタートでしたので、一枚一枚丁寧に撮影をして、仕上がりをよく観て、写真を選ぶことに手を抜かず、撮ってはテクニックを勉強することの繰り返しをしてきました。

今まで地道にやってきたこと、失敗から学んだことなど、リアルの写真教室で培ってきたノウハウを使います。

プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたしますから、人と比べながらとか、その他大勢に合わせて教わるということも避けることが出来ます。

とは言いつつ、プライベートレッスンが一番お得だと思います。理由は受けると分かります♪

シャッターを切った時の爽快感を感じられるようにお手伝いさせてください。

さわらぎよしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA