とても興味深い動画カメラ

動画用のカメラ

 

動画って、そう!ビデオカメラのことになります。

どんな種類があるかご存知ですか?

実は、カメラといっしょでいろいろあります。

では、ある程度のリストを書いてみます。

 

  • スマートフォン
  • コンパクトカメラ
  • ハンディーカメラ
  • アクションカメラ
  • ビデオカメラ
  • 一眼レフカメラ
  • ミラーレスカメラ
  • シネマカメラ

 

思いつくところで、こんな感じでしょうか。
写真が撮れるものは、ほぼ動画も撮れてしまいます。

(写真教室で作例を撮りました。桜のつぼみ)

上記のリストの下のほうが、画質がいい順番で書いてみました。

さらに、

 

動画って、音声も記録されます。今はレコーダーで別で録音してます。

とにかく、ホワイトノイズが少ないですね。

ただし、カメラと別本体なので、バッテリー関係の管理が難しいです。

カメラは可動してて、音声が録れていないともあります。

音質も、24bit/96kHz対応のリニアPCMレコーダーですから、かなりいい部類。

 

動画って、音質がいいものとか、

編集するから、編集するソフトは?とか、

スポンサーリンク

とにかく写真よりも機材や規格に関する項目が多いです。

最初は、専門用語とか機材の種類とか性能とか、

何をどう買って使えばいいのか分からなかったので、覚えるのに時間がかかると思います。

 

細かい所を上げたら、一から勉強するに近いです。

手ぶれ補正の意味も静止画の写真とは違います。

 

では、多くの方が満足するカメラのタイプは?

そう思うと、普通のビデオカメラを購入しておくと間違いないでしょう!!

子供さんの運動会とか、絶対楽です。

 

一眼レフカメラとか画質はどんどん良くなりますけど、

意外とオートフォーカスが上手く稼動しなかったり、

ピントが浅いので、ボケが多すぎたり、

30分の録画時間の制約があったりもします。

重量も増えてしまうし、マイクも別に着けたりしなければなりません。

カメラの熱問題があったりして、途中で止まることもあります。

 

でも、一眼レフとかになってくると、暗い場所での撮影には強かったり

映像に余裕が感じられたりするので、作品作りには向いています。

 

それで、ついに欲しかった機能を付いたカメラが発表されました。

”Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K”

 

日本製ではありません。

シネマカメラです。

一番画質がいいタイプになります。

 

ただ、本格的にシネマカメラは、映画で使われているような大きいサイズです。

それとは違って、ポケットサイズですし、一眼レフのファインダーが無いのに形が似ています。

これだったら、機材の重量を少なくして移動できると思ったわけです。

 

 

そして、何よりも機能が凄いのです。

5インチモニターが付いて、ミニXLR入力も付いて、

RAW動画も撮れるという!!

 

13ストップのダイナミックレンジ!!

UHS-IIで、Ultra HDで60fpsまでのProRes、30fpsまでのRAWに対応!

4KシネマのRAW!

 

そして、外部録画SSDなど出来て、4K60P撮影も出来ちゃう。

USBからの外部充電&可動も出来てしまいます。

これで、DaVinci Resolve Studio(4万円近くの動画編集ソフト)が付いて、

15万円弱です。

 

高感度が強くなって、4K60P撮影が出来る、

PanasonicのGH5sがイイなって思っていましたが、こちらは30万円でしょ!

RAWが撮れるってなると、CANONのEOS C200

になるんだけど、こちらはレンズのシステムも大きくて高価で、本体が80万円ほど・・・

 

”Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K”は激安なワケです。

かなり興奮出来る内容です。

 

オートフォーカスは、弱いかもしれませんし、手ぶれ補正はジンバルとか買う必要があると思います。

でも、データ容量が恐ろしい状態になるとは思いますけど、高画質は絶対です!!

 

作品撮りには、必修の機材になる予感がします。

今年の終わり頃に発売らしいです。

スポンサーリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

写真を撮ることに、疑問やお悩みがあるようでしたらご利用いただけるシステムをご用意させていただいています。
悩む時間はもったいないですから、お気軽にお問い合わせください。

実は、とっても簡単な答でした~となることもあります。簡単という意識が増えると、どんどん楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

初心者の方も大歓迎です!というよりは、初心者の方に講座を受けていただけると、とっても嬉しいです。
さらにステップアップしたいという方は、一度、今まで撮ってみた写真を見せてくださっても結構ですから、慌てず次に進みましょう。

講師自身が、写真にのめり込んだ時は、とても下手でした。友達にカメラの使い方を教えてもらっていました。
とにかく、フィルムを買うお金が無い状態からのスタートでしたので、一枚一枚丁寧に撮影をして、仕上がりをよく観て、写真を選ぶことに手を抜かず、撮ってはテクニックを勉強することの繰り返しをしてきました。

今まで地道にやってきたこと、失敗から学んだことなど、リアルの写真教室で培ってきたノウハウを使います。

プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたしますから、人と比べながらとか、その他大勢に合わせて教わるということも避けることが出来ます。

また、大勢でバスに乗って撮影に出かけるという楽しみ型の講座も良いかもしれませんね。

シャッターを切った時の爽快感を感じられるようにお手伝いさせてください。

さわらぎよしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA