PhotoshopのCamera RAW10.3・バージョンアップ

RAW現像ソフト決定!

 

アドビのPhotoshopは、有名ですが、常々バージョンアップされています。

機能面では、使わないのもあって、多機能はいいんですけど、自分の使い方にあったバージョンアップは興奮するものです。

そこで、今回そのようなバージョンアップがあったので記事にしました。

 

写真の撮影方法の一つで、RAWというファイル形式で撮影する人は、多くはないと思います。

だけど、最近は、画像処理の後がハッキリ分かるような写真が増えてきていますが、

確実にRAW撮影でないと無理な表現方法をみかけますね。

フィルムの場合は、フィルムを取り換えなければ、風合いをトーンを変える事は出来ませんでしたが、

それが簡単に出来るようになったのも、一つの面白さになっています。

デメリットとしては、ファイル容量が増えることと、連射速度や量が落ちることですが、年々そのデメリットも解消されてきています。

 

そこで、RAW現像ソフトと言えば、カメラメーカーに付属のモノが、ほぼ使いやすくなっていると思います。

私の場合は、CANONを使っていることから、DPPというソフトが使いやすくバージョンアップし続けているので使っていました。

Panasonicの場合は、正直使いにくいソフトしか純正では存在していません。

そこで、汎用的に使えるアドビのソフトを使うわけですが、Lightroomは、カタログを作る構造なので使っていません。

データ管理は自分でやるほうですので。

細かい調整が可能な、Camera   RAWというソフト使うのですが、最近やっと、カメラの設定に含まれる、スタンダートやナチュラルや風景と言った

CANONで言う”ピクチャースタイル”が、搭載されたところで嬉しかったのですが、使い勝手がイマイチでした。

 

ところが、このCamera   RAWが10.3になってからは、この”ピクチャースタイル”がバージョンアップ!!

スポンサーリンク

   

 

項目が増えています!

 

上部の画像が、その調整タブです。

Adobeの方も、カメラメーカー側のピクチャースタイルも選べるようになりました。

特に、Adobeの風景が気に入りました。

よく使う、忠実設置も存在します!!

しかも、色温度やシャドー&ハイライトをコントロールできるタブの中に組み込まれたので使いやすくなりました。

「閉じる」ボタンをクリックすれば、ホワイトバランスなどを調整するタブに戻るという形です。

 

被写体にマッチしたトーンが登録されています。

これが無いと、トーンカーブを駆使して、色のバランスを処理して、特定の色域も調整して・・・

そんな手間のかかる作業が加わって、完成させていくのですが、手間が非常に少なくる上、

撮影する時に、これらのピクチャースタイルの癖を覚えておけば、それようにマッチした撮影をすれば

ある程度、現像するときに、ストレートに現像してしまえば良い場合も増えていきます。

あまり時間をかけて、レタッチをしていくのは大変ですから、作業効率の面でも楽になりそうです。

 

作業効率が楽ということ。

そして、最終段階の微調整はPhotoshop上で出来る問事で、メインのRAW現像ソフトに昇格いたしました!!

違うカメラメーカーでさえ、色味が揃えることが出来そうです。

それは、Adobe側でのピクチャースタイルが5点用意されたこと素晴らしいです!!

もっと、増やしていただきたいとも思えます。

5つのカラーと1つのモノクロのスタイルが設置されたわけです。

もう少し、モノクロの方も充実してくると、さらにいい感じになってくるだろうなって思います。

 

 

スポンサーリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

写真を撮ることに、疑問やお悩みがあるようでしたらご利用いただけるシステムをご用意させていただいています。
悩む時間はもったいないですから、お気軽にお問い合わせください。

実は、とっても簡単な答でした~となることもあります。簡単という意識が増えると、どんどん楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

初心者の方も大歓迎です!というよりは、初心者の方に講座を受けていただけると、とっても嬉しいです。
さらにステップアップしたいという方は、一度、今まで撮ってみた写真を見せてくださっても結構ですから、慌てず次に進みましょう。

講師自身が、写真にのめり込んだ時は、とても下手でした。友達にカメラの使い方を教えてもらっていました。
とにかく、フィルムを買うお金が無い状態からのスタートでしたので、一枚一枚丁寧に撮影をして、仕上がりをよく観て、写真を選ぶことに手を抜かず、撮ってはテクニックを勉強することの繰り返しをしてきました。

今まで地道にやってきたこと、失敗から学んだことなど、リアルの写真教室で培ってきたノウハウを使います。

プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたしますから、人と比べながらとか、その他大勢に合わせて教わるということも避けることが出来ます。

また、大勢でバスに乗って撮影に出かけるという楽しみ型の講座も良いかもしれませんね。

シャッターを切った時の爽快感を感じられるようにお手伝いさせてください。

さわらぎよしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA