レタッチの第一歩(トーン)

レタッチの第一歩(トーン)

トーン

 

写真には、階調って言って、絵のトーンによって、

コントラストや、色の濃さなど変わってきます。

昔は、フィルムがあって、柔らかいトーンのフィルムとか、色が深い濃いトーンのフィルムとか

好みに合わせて選んでいました。

ところが、デジタルになって、いろいろなトーンが選べるようになったのと、

レタッチによって変化させられるようになってきました。

 

私が講師をしている写真教室でも、このレタッチ(画像処理)を勉強したい人が増えています。

今回は、その入り口の解説を記事にしようと思います。

 

RAW現像ソフト

 

こちらの写真ですが、かなり複雑にトーンを触っています。

シャドーの面積が多いので、そのトーンを持ち上げてはいますが、下手に持ち上げるとノイズが増えます。

それと、シャドーもいくつかに分けて認識しています。

木の部分、砂浜の部分、雲の部分、水の部分・・・

明るい部分は、空がオレンジ色になっている部分です。

 

 

何を基準にしているかというと、その撮影現場で感じた明るさや印象や色です。

人間の目は、いろいろな明るさや色を感じる事に関しては、カメラよりも性能がいいです。

ですが、カメラはその人間の性能通りには写すことが出来ません。

だから、レタッチで記憶の中の印象を再現するということになります。

極端に、再現性だけを求めたり、理屈でレタッチすると、不自然な感じなりがちです。

それを、普通に見せるようにレタッチ出来るようになることを、最初のステップとして練習してみてください。

 

 

調整段階を公表

 

専門的に書くと、撮影データ形式は、RAWで設定して、RAW現像ソフトによってレタッチされています。

普通に撮影して、同じことは出来ないのですか?と言われると、出来ませんと答えます。

普通というのは、JPEG(ジェーペグ)という画像形式です。

まず、情報量が少ないので、レタッチをすると画像が崩れてしまいます。

ですので、情報量が一番多い形式のRAWで撮影して、レタッチが完成してから、画像形式に変換するのです。

RAWは、画像形式のデータではありません。

あくまでも、カメラのセンサーから出たそのままの信号記録です。

 

●撮って出し状態。これは、JPEGの状態と同じです。

 

●こちらは、RAW現像ソフトで、シャドーを最大に明るくして、ハイライトを最大に暗くしています。

手前の水の部分や、木の幹が明るくなっていて見やすいです。

そらの色も青くなっています。一番明るいハイライトが押さえられた状態です。

 

●こちらは、撮影した時の印象に合わせてレタッチしています。

手前の水の部分は暗くした方が、他の部分の水の輝きが感じられやすくなっています。

空も抜けがよく感じるように明るめですが、ギリギリ青を感じられるようにもしています。

最後に、緑の部分を新緑らしく調整しています。

 

調整テクニック公開

 

テクニック公開とはいっても、普通の手段です。

今回は、PhotoshopのCamera RAWを使って解説します。

こちらは、ホワイトバランスが太陽光で、トーンは無調整です。

次に、シャドー(水の部分)を明るくしました。

シャドーと書いてある部分のバーが明るいほうへ移動させてあります。

今度は、トーンカーブで、コントラスト調整しています。ハイライト部分をさらに持ち上げています。

アーチ型のトーンカーブにして、シャドー部分を抑えてあります。

ですが、シャドーも同時に少し上がってしまう調整です。

最後に色の調整です。

トーンを変えると色が変わるので、最初に色調整しては難しくなります。

ですので、最終段階で、色の調整をやります。

色温度を赤色にして、空の赤色に染まった空を強調して、さらに彩度を上げています。

これで完成です。

 

 

トーンを理解するには、撮影の時の露出設定と、RAW現像ソフトの使い方で、トライ&エラーで覚えていきましょう。

次回は、更に深い部分を攻めて解説するかもしれません。

ではまた♪