レタッチの第一歩(トーン)

トーン

 

写真には、階調って言って、絵のトーンによって、

コントラストや、色の濃さなど変わってきます。

昔は、フィルムがあって、柔らかいトーンのフィルムとか、色が深い濃いトーンのフィルムとか

好みに合わせて選んでいました。

ところが、デジタルになって、いろいろなトーンが選べるようになったのと、

レタッチによって変化させられるようになってきました。

 

私が講師をしている写真教室でも、このレタッチ(画像処理)を勉強したい人が増えています。

今回は、その入り口の解説を記事にしようと思います。

 

RAW現像ソフト

 

こちらの写真ですが、かなり複雑にトーンを触っています。

シャドーの面積が多いので、そのトーンを持ち上げてはいますが、下手に持ち上げるとノイズが増えます。

それと、シャドーもいくつかに分けて認識しています。

木の部分、砂浜の部分、雲の部分、水の部分・・・

明るい部分は、空がオレンジ色になっている部分です。

 

 

何を基準にしているかというと、その撮影現場で感じた明るさや印象や色です。

人間の目は、いろいろな明るさや色を感じる事に関しては、カメラよりも性能がいいです。

ですが、カメラはその人間の性能通りには写すことが出来ません。

だから、レタッチで記憶の中の印象を再現するということになります。

極端に、再現性だけを求めたり、理屈でレタッチすると、不自然な感じなりがちです。

それを、普通に見せるようにレタッチ出来るようになることを、最初のステップとして練習してみてください。

 

 

調整段階を公表

 

専門的に書くと、撮影データ形式は、RAWで設定して、RAW現像ソフトによってレタッチされています。

普通に撮影して、同じことは出来ないのですか?と言われると、出来ませんと答えます。

普通というのは、JPEG(ジェーペグ)という画像形式です。

まず、情報量が少ないので、レタッチをすると画像が崩れてしまいます。

ですので、情報量が一番多い形式のRAWで撮影して、レタッチが完成してから、画像形式に変換するのです。

RAWは、画像形式のデータではありません。

あくまでも、カメラのセンサーから出たそのままの信号記録です。

 

●撮って出し状態。これは、JPEGの状態と同じです。

 

●こちらは、RAW現像ソフトで、シャドーを最大に明るくして、ハイライトを最大に暗くしています。

手前の水の部分や、木の幹が明るくなっていて見やすいです。

そらの色も青くなっています。一番明るいハイライトが押さえられた状態です。

スポンサーリンク

 

●こちらは、撮影した時の印象に合わせてレタッチしています。

手前の水の部分は暗くした方が、他の部分の水の輝きが感じられやすくなっています。

空も抜けがよく感じるように明るめですが、ギリギリ青を感じられるようにもしています。

最後に、緑の部分を新緑らしく調整しています。

 

調整テクニック公開

 

テクニック公開とはいっても、普通の手段です。

今回は、PhotoshopのCamera RAWを使って解説します。

こちらは、ホワイトバランスが太陽光で、トーンは無調整です。

次に、シャドー(水の部分)を明るくしました。

シャドーと書いてある部分のバーが明るいほうへ移動させてあります。

今度は、トーンカーブで、コントラスト調整しています。ハイライト部分をさらに持ち上げています。

アーチ型のトーンカーブにして、シャドー部分を抑えてあります。

ですが、シャドーも同時に少し上がってしまう調整です。

最後に色の調整です。

トーンを変えると色が変わるので、最初に色調整しては難しくなります。

ですので、最終段階で、色の調整をやります。

色温度を赤色にして、空の赤色に染まった空を強調して、さらに彩度を上げています。

これで完成です。

 

 

トーンを理解するには、撮影の時の露出設定と、RAW現像ソフトの使い方で、トライ&エラーで覚えていきましょう。

次回は、更に深い部分を攻めて解説するかもしれません。

ではまた♪

 

スポンサーリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

写真を撮ることに、疑問やお悩みがあるようでしたらご利用いただけるシステムをご用意させていただいています。
悩む時間はもったいないですから、お気軽にお問い合わせください。

実は、とっても簡単な答でした~となることもあります。簡単という意識が増えると、どんどん楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

初心者の方も大歓迎です!というよりは、初心者の方に講座を受けていただけると、とっても嬉しいです。
さらにステップアップしたいという方は、一度、今まで撮ってみた写真を見せてくださっても結構ですから、慌てず次に進みましょう。

講師自身が、写真にのめり込んだ時は、とても下手でした。友達にカメラの使い方を教えてもらっていました。
とにかく、フィルムを買うお金が無い状態からのスタートでしたので、一枚一枚丁寧に撮影をして、仕上がりをよく観て、写真を選ぶことに手を抜かず、撮ってはテクニックを勉強することの繰り返しをしてきました。

今まで地道にやってきたこと、失敗から学んだことなど、リアルの写真教室で培ってきたノウハウを使います。

プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたしますから、人と比べながらとか、その他大勢に合わせて教わるということも避けることが出来ます。

また、大勢でバスに乗って撮影に出かけるという楽しみ型の講座も良いかもしれませんね。

シャッターを切った時の爽快感を感じられるようにお手伝いさせてください。

さわらぎよしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA