信州の秋①

秋・信州にて

信州は、地元から約500kmほど山手に行く。

飛騨高山から、信州へ行くのが僕の定番の道だ。

それは、途中にも素晴らしい景色に出会えるのと、

美味しい食べ物にもありつけるからだ。

500kmは一日で走破する。

次の日の早朝に間に合うように、車を走らせる。

そこには、地元には無い景色が広がる。

木々は、北海道にも近いが地形が全く違う。

ここは、紛れもなく楽園である。

信州の秋

信州の秋

信州の秋

信州の秋

信州の秋

信州の秋

信州の秋

信州の秋

ここに掲載した写真は、すべてフィルムで撮影している。

この時代は、フィルムの銘柄を被写体に合わせて選ぶのだが、

風景は一種で勝負した、ベルビアだ。

今も、デジタルは、このフィルムの色を基準にして色味の調整をしてしまう。

 

スポンサーリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

写真を撮ることに、疑問やお悩みがあるようでしたらご利用いただけるシステムをご用意させていただいています。
悩む時間はもったいないですから、お気軽にお問い合わせください。

実は、とっても簡単な答でした~となることもあります。簡単という意識が増えると、どんどん楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

初心者の方も大歓迎です!というよりは、初心者の方に講座を受けていただけると、とっても嬉しいです。
さらにステップアップしたいという方は、一度、今まで撮ってみた写真を見せてくださっても結構ですから、慌てず次に進みましょう。

講師自身が、写真にのめり込んだ時は、とても下手でした。友達にカメラの使い方を教えてもらっていました。
とにかく、フィルムを買うお金が無い状態からのスタートでしたので、一枚一枚丁寧に撮影をして、仕上がりをよく観て、写真を選ぶことに手を抜かず、撮ってはテクニックを勉強することの繰り返しをしてきました。

今まで地道にやってきたこと、失敗から学んだことなど、リアルの写真教室で培ってきたノウハウを使います。

プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたしますから、人と比べながらとか、その他大勢に合わせて教わるということも避けることが出来ます。

とは言いつつ、プライベートレッスンが一番お得だと思います。理由は受けると分かります♪

シャッターを切った時の爽快感を感じられるようにお手伝いさせてください。

さわらぎよしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA