◆”さわらぎよしお”流・撮影メソッドの解説(基本編)

絵(写真や動画など)とは・・・・

光(光源)と物(被写体)と

背景(脇役と空間)とアングル(目線&中心)と、

自分の心(魂&感覚)とのハーモニー

本当の自分の中心アクセスした時に、絵を撮るという行為で癒やされます。

これが、さわらぎよしお流の撮影メソッドの基本です。これを基盤にしています。

この文章をトップページ貼りつけてみました。

一言で書くと、これなんです。

これで終わりです♪

ただ、分かりにくいので分解して記事を書いています。

よく観ると・・・

心が動き、被写体も動き、光も変化して来ます。

少し、アングルを替えるだけで、また、同じように現象が起きています。

そこで、感動が絶好調な時にシャッターを切るのですが、

ちょっと、冷静になってカメラワークを整理していくという作業の連続が撮影行為なんですね。

答えは、あなたの中にあります。

よく、写真の講師をやっている時に、先生・・・”これでイイですか?”って質問されます。

あなたは、どう思いますか?と聞きたいと思う時があります。特に撮影に慣れている方にはです。

正解は、答えは・・・あなたの中にあります。

いくら、わたしの正解を伝えたところで、その方が満足行くかどうは分かりません。

満足行ったとしても、この先生から教わった・・・という事だけです。

”癒やし”までは行かないのです。

撮影することでの満足感というのは、自分軸と作品とが一致した時です。

クオリティーの問題ではない場合が多いような気がしますよ。

 

もっと、気楽に♪

もっと、自分を信じて♪

そして、もっともっと、楽しみましょうね♡

・・・・

最後に、”もっと”を無くしていきましょう(笑)

 

まずは、撮りたい対象を見つめてみましょう!

そうしたら、次にカメラを持って見つめてみましょう!!

どうですか?

世界が迫ってきましたでしょうか(笑)

スポンサードリンク

簡単に写真のコツがつかめる方法があります。

まずは、写真講座へのお問い合わせをしてみてください。
悩む時間はもったいないですね。

プロのフォトグラファーから、簡単な答えを聞くと楽しい写真ライフに繋がることでしょう。

特に初心者大歓迎です。
聞いては失礼な内容は一切ございません。
プライベートレッスンから、複数での講座までさまざまに対応いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA